私は、もともとローンはあまり利用しない方だ。
理由は色々あるのだが、つまり言ってみれば、ローンを組んでまで買うような大きな買い物をすることがほとんどないからだ。
財布に中にあるお金で大抵事足りる。
それでももちろん、ローンを全く利用したことが無いわけでもない。
始めてローンを組んだのは、確か20代の前半だったと思う。
高い物を購入したのではなく、申し込んだ語学学校への支払いをローンにしたのだ。
実はこの時、本当は一括で支払う能力はあった。
確か20万円とちょっとだったと思うが、ボーナスで十分払うこともできた。
でも、私はあえてローンにしたのだ。
こうすることで、何となく勉強するモチベーションを保てるような気がしたから。
一度に払ってしまったら、ぐうたらな私の事だ。す
ぐに挫折してしまうのではないかと思ったのである。
この考えは正解だったようだ。
月々数万円も払っているのである。
そう簡単にはやめられない。
私は、途中で学校に来なくなっていく人たちを見ながら、ちゃんと最後まで通い続けることができた。

はじめてのローンとクレジットカード

海外へのあこがれは、今も全く変わっていない。
今でも、将来必ず海外に移住しようと考えている。
その為に貯金をして語学も少しづつではあるが勉強を続けている。
子供にも、そのことは伝えている。
子供は子供の人生を歩むがいい。
私は私で、やっぱりやりたいことは貪欲に挑戦し続ける生き方をしたいと思っている。
その時主人はどうしているのか、何を選ぶのか。
まあじかんはたっぷりとあるのだから、じっくりと考えて答えを出して欲しいと思っている。