ビジネス

SEOには日常業務が無いらしいという話に対して

SEOにも日常業務というものは存在します。
こんな言い方をするのは、何だか妙な感じもしないでもないわけですが、SEO担当者の仕事は、ウェブサイトの文章をキーワード意思したものに変えて、タイトルを適正化し、リンクを集めることを365日やっている、と思われているフシもあります。

SEOはマーケティングの一端を担う技術ですから、当然、マーケティングベースの作業も必要なのです。
論理的思考を持っていると何をやらなければならないかが見えてきますね。


“SEOには日常業務が無いらしいという話に対して” の詳細は »

テキストリンクとバナーリンクではどちらが好反応か

オンライン広告を目にしない日は無いほど、インターネットがビジネスに活かされていることを実感します。
どれだけのコストを企業は負担しているのでしょうかね。

新聞雑誌と同様にインターネットのオンライン広告にも特徴があります。
資金力のある企業はバナー広告を好み、資金力の乏しい企業はテキスト広告を好むようなのです。


“テキストリンクとバナーリンクではどちらが好反応か” の詳細は »

 

採用サイトの中心コンテンツは入社後の自分をイメージさせる仕掛け

人材開発を主眼としたリクルーティングサイトやリクルーティングページは、中小企業にとっては、人材のお宝探しツールとして機能しなくてはなりません。

大企業のリクルーテイングとは一線を画す戦略が必要です。
大企業のように数の理論で人材を確保するのではなく、一撃必殺の人材確保が理想ですし、投資コストも比較的抑えることができます。


“採用サイトの中心コンテンツは入社後の自分をイメージさせる仕掛け” の詳細は »

無料テンプレート配布から学ぶ技術料と時給のコスト意識

企業が取り扱う書類というのは、大抵決まった書式が制定されており、ISOなどを取得している企業は管理番号が付けられています。
ビジネス文書のサンプルを公開しているウェブサイトもあり、書式で悩むことが随分と少なくなったのではないでしょうか。

ただ、そのまま使えるかどうかはまた別問題ですよね。
カスタマイズして利用したり、書式に合わせて無理やり書類を作成したりするのは、ウェブサイトテンプレートでも同様です。


“無料テンプレート配布から学ぶ技術料と時給のコスト意識” の詳細は »

 

プロの仕事の価格は技術と責任とリスク対応の総合評価

プロの仕事は高いのは当たり前です。
例えば、塗装職人に壁塗装を依頼する場合は、平米あたりの単価もしくは日当というかたちで人件費が見積もりされます。

ではここで質問です。
日当5千円の塗装職人と日当1万円の塗装職人がいたら、どちらに壁塗装を依頼するか。


“プロの仕事の価格は技術と責任とリスク対応の総合評価” の詳細は »