コラム

マイクロサイトは誰のために存在するのかを考える

わずか2.3ページ程度で完結するウェブサイト設計については、様々な議論があるようですね。
情報量もリンク数も少ないウェブサイトは、検索エンジンには評価されない、という主張が多いようですが。

ミニサイトやマイクロサイト(以降はマイクロサイトで統一)と言われているライトなウェブサイトは、検索エンジンのためにあるのではなく、検索ユーザーのためにあることを、まずは忘れてはならないと思います。


“マイクロサイトは誰のために存在するのかを考える” の詳細は »

検索エンジンの研究はスパム行為によって支えられている?

検索エンジン関係者だけでなく、善良なる方法でウェブサイトをSEOで検索ランキングの上位に表示させているSEO実践者にとっても、スパム行為で検索ランキングが荒らされることは、不快感の何ものでもないですよね。

けれども、スパム行為が次々と現れることで、検索エンジンは質の向上が成し遂げられているのではないかという疑問もあるのではないでしょうか。

打たれて強くなる法則とでも言いましょうか。


“検索エンジンの研究はスパム行為によって支えられている?” の詳細は »

 

ニッチ分野でトップを張るためのブログ運営方法

ブログ開設の前にも関わらず、アクセスや文章の出来などを心配する、ブロガー予備軍はたくさんいます。
恐らく、既にブロガーとしてファンがいるのなら、そのような相談メールを何通か受け取っていたりするのではないでしょうか。

何かにチャレンジしようとする前に、自ら壁を作る行動は、いったいどこで身に付けたものなのでしょうか。
両親の影響なのか、社会全体がそうなのかわかりませんが、ブログ開設にメリットはあってもデメリットはなかなか無いものです。


“ニッチ分野でトップを張るためのブログ運営方法” の詳細は »

Googleパーソナライズド検索の意味を知らないユーザーは

Googleパーソナライズド検索の意味を知らないユーザーは、SEOで所有するサイトが上位表示されたと錯覚を起こす可能性があります。

Googleアカウントを取得済みで、ログイン中も検索やウェブサイトの閲覧をバシバシやっているユーザーにとっては、ちょっと悲しい現実を実感することもあるかもしれません。


“Googleパーソナライズド検索の意味を知らないユーザーは” の詳細は »

 

個人情報登録を促す場合は警戒心を解く事を第一とする

ネット通販がまだメジャーではなかったころ、ウェブサイト上でクレジットカード情報や口座番号を入力するのは、相当に躊躇いがあったと思います。

現在もフィッシングサイトが度々話題になることから、個人情報等を入力させる場合においては、様々な工夫が必要となってきています。


“個人情報登録を促す場合は警戒心を解く事を第一とする” の詳細は »

IT門外漢がビジネスサイトの黒字化を目指すとき

ビジネスサイトにお金をつぎ込めば売上げが上がるという単純な方程式は存在しません。

つぎ込むのは、ネットマーケティングやSEOのコンサルタントのノウハウであって、ビジネスサイトのデザインや機能のアップなどではありません。

ましてやバックリンクをお金で買うなどは持っての外なのです。


“IT門外漢がビジネスサイトの黒字化を目指すとき” の詳細は »