seo塾

検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない

検索アルゴリズムは数百レベルで存在すると言われています。
その中で、特に重み付けの大きい項目は、せいぜい数十ということが、一般的な解釈です。

この「せいぜい数十」が現在、SEOの実施事項として挙がっているものです。
その中のとりわけ重要な項目が、タイトルでありリンクポピュラリティといった部分であるわけです。


“検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない” の詳細は »

検索連動型広告に対抗するタイトルタグと説明文のノウハウ

検索連動型広告に対抗するタイトルタグと説明文のノウハウについて書いてみます。

SEOにおいてはタイトルタグとmetaディスクリプションが、検索連動型広告のように切れ味するどいコピーライティングならば、より集客力が増すのではないでしょうか。

これまでのSEO関連記事は、タイトルタグやディスクリプションについては、深く切り込んでいない気がします。


“検索連動型広告に対抗するタイトルタグと説明文のノウハウ” の詳細は »

 

ブログがSEOに強いと言われるには理由がある

無料ブログやMovable Type、WordPressなどのCMS(コンテンツ マネジメント システム)はSEOに強いという情報が広まったために、無料ブログの利用者の増加やCMSの導入が進みました。

ブログは新規投稿や記事の修正なども、比較的簡単に出来るという作業性の良さも手伝って、あっという間に一般的な情報発信ツールとして知られるようになりましたね。


“ブログがSEOに強いと言われるには理由がある” の詳細は »

アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは

ウェブサイトは被リンクの数、つまりリンクの獲得数でウェブサイト自体の価値が上がります。
SEOにおいても被リンクの重要性は誰もが認識しており、GoogleやYahooにおいても被リンクへの評価を重要視しています。

被リンクは人気獲得のバロメータであり、ウェブサイトのコンテンツ支持数の指数であるとも言えるでしょう。

被リンクの内容はコンテンツ評価の証としてや、運営者同士のつながりによるものなど、非常に多彩なものになっているでしょう。


“アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは” の詳細は »

 

SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察する

SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察することにしてみましょう。

SEOに関する書籍やネット上のSEO情報から、かなりたくさんのSEOに関する知識を学ぶことが可能です。
これは否定しませんし、もっともっとSEOについての書籍やネット上での記事が出てもいいと思います。

このような環境の中で、SEOは自分でやれるということなのですが・・・。


“SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察する” の詳細は »

ビジネスサイトの評価で一番重要視されるべき指標とは

ビジネスサイトの評価はどういう指標を用いれば良いのでしょうか。

ウェブサイト診断というサービスでよくある診断結果から考えると、被リンク数、インデクス数、検索結果の順位、ページランク、ポータルサイトディレクトリ登録の有無、ドメイン取得日、キーワード出現頻度、メタタグの記述などがあります。

しかし、ビジネスサイトにこれらの評価は本当に必要なのでしょうか。


“ビジネスサイトの評価で一番重要視されるべき指標とは” の詳細は »

 

サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する

検索ユーザーの意図を中心に、キーワード選定をするウェブサイトは、アクセスが少ないにも関わらず、安定したコンバージョンが得られることが多いものです。

アクセス数だけ見れば大した事もないし、デザインについても賞賛されるほどでもないという、密かに優秀なウェブサイトをたくさん持つことは、安定した売上げを獲得するための戦略のひとつです。


“サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する” の詳細は »

SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある

サービスをコストと考えるか投資と考えるかで、そのマインドは変わります。

例えば、SEO塾マニュアルは、一度きりの購入で長く利用できます。
もろちん、アルゴリズム変動の情報は、塾生サイトで公開していますから、フォローも万全です。

これをコストと考えると、マニュアルを改訂しろ、という要望が出てくるんですよね。


“SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある” の詳細は »

 

ウェブサイトの表示速度が検索ランキングに影響するのは米国だけか?

都市伝説と思っている時期もあったのですが、ウェブサイトの表示速度がSEOに影響するということを、Googleではほぼアルゴリズムに組み込んでいるようですね。

考えてみれば、ごく自然なことですよね。
インフラが整っている現在では、動画がコンテンツと同居することは当たり前になってきましたから、ユーザーをイライラさせないことは、サービスの向上のひとつですよね。


“ウェブサイトの表示速度が検索ランキングに影響するのは米国だけか?” の詳細は »

法人クライアントが確認することはSEOマインドの一点のみ

SEOエキスパートとして、常に頭の片隅に置いておくことを、SEOマインドと呼ぶならば、それは何かと自問自答してみると、SEOに対する考え方や姿勢も変わってくるかもしれません。

SEOの解説記事をブログ等で公開しているウェブマスターは多いですが、キーワードの選定などの方法論が中心となっています。
SEOの本質を突き詰めていく記事は、あまり見かけません。


“法人クライアントが確認することはSEOマインドの一点のみ” の詳細は »