目立つタイトルの書籍から学ぶブログタイトルの付け方

人は、漠然とした表現よりも、具体的な表現の方が、イメージを抱かせやすいですよね。

例えば、ダイエットに成功した人の話で、「すごく痩せたよ」という報告と「1ヵ月で6kg痩せたよ」という報告では、どちらの話をもっと聞きたくなりますか?

これをブログのタイトルなどに応用することは、アクセスアップに効果的な技のひとつですよね。


“目立つタイトルの書籍から学ぶブログタイトルの付け方” の詳細は »

ブランディングは名声を得るためのステップではない

SEO業界という括りがあるとしたならば、SEO専門家として、ある程度のブランド化を目指すことは、SEO市場で信頼と信用を得るためには必要なことです。

ブランディングの目的は、その有名さ加減でコンバージョンを稼ぐものではなく、クライアントを得ることや新しいビジネスパートナーとのジョイントベンチャー、セミナーでの発表、有能な人材の発掘といった道筋を得るものだと思います。


“ブランディングは名声を得るためのステップではない” の詳細は »

 

ソーシャルメディアに対する取り組みが米国と日本では違う

米国のとあるSEO会社のブログに出てきたSESとSMXという略語がわからなくて調べてみました。

どちらもSEOやSEM業界に関わる法人や個人のための、カンファレンスイベントなのだそうです。
そのブログでは、定期開催されている模様をブログでリポートしてくれるので、非常に興味深く読んでいます。

業界の発展ぶりが羨ましいです。


“ソーシャルメディアに対する取り組みが米国と日本では違う” の詳細は »

マイクロサイトは誰のために存在するのかを考える

わずか2.3ページ程度で完結するウェブサイト設計については、様々な議論があるようですね。
情報量もリンク数も少ないウェブサイトは、検索エンジンには評価されない、という主張が多いようですが。

ミニサイトやマイクロサイト(以降はマイクロサイトで統一)と言われているライトなウェブサイトは、検索エンジンのためにあるのではなく、検索ユーザーのためにあることを、まずは忘れてはならないと思います。


“マイクロサイトは誰のために存在するのかを考える” の詳細は »

 

無料を無料以上に価値のあるものと自信を持って提供

SEOを上位表示のゴールと捉える人は、上位表示のためならどんな情報でも吸収してやろうという意欲の強さが並ではありません。

このSEO上位表示思想タイプの実践者向けに、「簡単上位表示の秘術」というレポートを無料で提供するというキャンペーンを行うと、コンバージョンレートは優秀ではなかろうかと予測できます。

そんな マーケティングのおけるターゲッティングとフロントエンドのオファーについて書いてみたいと思います。


“無料を無料以上に価値のあるものと自信を持って提供” の詳細は »

ブログのアクセスアップの「応援ぽち」の効果測定について

ブログのアクセスアップノウハウとして、応援ぽち、という相互にランキングタグを押し合いっこしましょうという意思表示があります。
コメント欄でよく見かけると思いますが、本当にランキングタグは押されているのでしょうか。

熱心に訪問しては、運営者を崇め奉るコメントとともに応援ポチ宣言をしている人もいるわけですが、そのような一部の人しかランキングタグはクリックしていないような気もするのですが。


“ブログのアクセスアップの「応援ぽち」の効果測定について” の詳細は »

 

検索エンジンが見破れないSEO目的の有料リンクとは

今では、SEO目的の有料リンクは、検索エンジンは評価しないとする主張が浸透していますが、実際、有料リンクかどうかの判断は検索エンジンは出来ないのではないか、という疑問は残りますよね。

ただし、判別のヒントは確実に押さえていると思っています。
ページ内容と明らかに異なるテーマと思われるアンカーテキストによるリンクがフッターに掲載されているケースでは、リンク集の場合は誰が見ても怪しいですが。


“検索エンジンが見破れないSEO目的の有料リンクとは” の詳細は »

ソーシャルブックマークが検索結果に及ぼす影響

ソーシャルブックマークに登録した記事が、検索エンジン上位表示されるのは、どのキーワードでも多く見られます。
推測ですが、ドメインとサービス内容を検索エンジンは評価しているのかもしれませんが、確証はありませんので、推測の域を出ません。

しかし、事実として、ソーシャルブックマークのドメインを経由した方が、検索ランキングが上であるケースも見受けられますので、ドメインの強さ、ソーシャルブックマークという性質上、検索エンジンが評価を上げてもおかしくはないですよね。


“ソーシャルブックマークが検索結果に及ぼす影響” の詳細は »

 

SEOには日常業務が無いらしいという話に対して

SEOにも日常業務というものは存在します。
こんな言い方をするのは、何だか妙な感じもしないでもないわけですが、SEO担当者の仕事は、ウェブサイトの文章をキーワード意思したものに変えて、タイトルを適正化し、リンクを集めることを365日やっている、と思われているフシもあります。

SEOはマーケティングの一端を担う技術ですから、当然、マーケティングベースの作業も必要なのです。
論理的思考を持っていると何をやらなければならないかが見えてきますね。


“SEOには日常業務が無いらしいという話に対して” の詳細は »

検索エンジンの研究はスパム行為によって支えられている?

検索エンジン関係者だけでなく、善良なる方法でウェブサイトをSEOで検索ランキングの上位に表示させているSEO実践者にとっても、スパム行為で検索ランキングが荒らされることは、不快感の何ものでもないですよね。

けれども、スパム行為が次々と現れることで、検索エンジンは質の向上が成し遂げられているのではないかという疑問もあるのではないでしょうか。

打たれて強くなる法則とでも言いましょうか。


“検索エンジンの研究はスパム行為によって支えられている?” の詳細は »