検索エンジンとサイト運営者の類似ページ認識ギャップ

Googleの検索窓からウェブサイトのインデクス数を確認する「site:サイトURL」で検索したときに、

最も的確な結果を表示するために、上の××件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

このメッセージが出たら、顔色を変えないといけないですよ、WEB担当者の皆さんは。
ウェブサイト制作の時に、あるチェックを怠ると出る現象です。


“検索エンジンとサイト運営者の類似ページ認識ギャップ” の詳細は »

ニッチ分野でトップを張るためのブログ運営方法

ブログ開設の前にも関わらず、アクセスや文章の出来などを心配する、ブロガー予備軍はたくさんいます。
恐らく、既にブロガーとしてファンがいるのなら、そのような相談メールを何通か受け取っていたりするのではないでしょうか。

何かにチャレンジしようとする前に、自ら壁を作る行動は、いったいどこで身に付けたものなのでしょうか。
両親の影響なのか、社会全体がそうなのかわかりませんが、ブログ開設にメリットはあってもデメリットはなかなか無いものです。


“ニッチ分野でトップを張るためのブログ運営方法” の詳細は »

 

広告表示回数と成約率にはほとんど関連が無い

オンライン広告にはいろんな掲載の方法があります。
定期的に掲載したり、ある一定数の表示回数まで有効であったり、年間契約で通年掲載だったりと、初めて広告を出す広告主は迷ってしまうことでしょう。

どれが効果的かは、実際に試してみないとわからないのが現実です。
広告の掲載方法に問題があるのか、それとも広告自体に問題があるのかを突き止めて改善していく他にありません。


“広告表示回数と成約率にはほとんど関連が無い” の詳細は »

テキストリンクとバナーリンクではどちらが好反応か

オンライン広告を目にしない日は無いほど、インターネットがビジネスに活かされていることを実感します。
どれだけのコストを企業は負担しているのでしょうかね。

新聞雑誌と同様にインターネットのオンライン広告にも特徴があります。
資金力のある企業はバナー広告を好み、資金力の乏しい企業はテキスト広告を好むようなのです。


“テキストリンクとバナーリンクではどちらが好反応か” の詳細は »

 

Googleパーソナライズド検索の意味を知らないユーザーは

Googleパーソナライズド検索の意味を知らないユーザーは、SEOで所有するサイトが上位表示されたと錯覚を起こす可能性があります。

Googleアカウントを取得済みで、ログイン中も検索やウェブサイトの閲覧をバシバシやっているユーザーにとっては、ちょっと悲しい現実を実感することもあるかもしれません。


“Googleパーソナライズド検索の意味を知らないユーザーは” の詳細は »

個人情報登録を促す場合は警戒心を解く事を第一とする

ネット通販がまだメジャーではなかったころ、ウェブサイト上でクレジットカード情報や口座番号を入力するのは、相当に躊躇いがあったと思います。

現在もフィッシングサイトが度々話題になることから、個人情報等を入力させる場合においては、様々な工夫が必要となってきています。


“個人情報登録を促す場合は警戒心を解く事を第一とする” の詳細は »

 

Q&Aページの上手な利用方法を知りニーズを予測する

Q&Aページを使って、訪問者の行動を追跡したデータから、新たニーズを掴む方法について書いてみたいと思います。

これまでQ&Aページは、訪問者への不安や疑問を解消するための情報提供という面についてばかりが、クローズアップされてきたと思いますが、たくさんの質疑応答を準備することで、潜在的なニーズを探ることもできるのです。

特に、ビジネスサイトで、積極的に取り入れて欲しい手法です。


“Q&Aページの上手な利用方法を知りニーズを予測する” の詳細は »

アクセス解析ツールを宝の持ち腐れとしない方法

アクセス解析を正しく知らずに導入しているWEB担当者や経営責任者は、直ちにアクゼス解析の利用法なりを勉強することをオススメします。

ウェブサイト運営あたって、訪問者の行動の全てを記録しデータ収集するのがアクセス解析ツールの最大の特徴です。
訪問者の動きは全てアクセス解析ツールのデータから得られますので、マーケティングには必須のツールでもあります。


“アクセス解析ツールを宝の持ち腐れとしない方法” の詳細は »

 

採用サイトの中心コンテンツは入社後の自分をイメージさせる仕掛け

人材開発を主眼としたリクルーティングサイトやリクルーティングページは、中小企業にとっては、人材のお宝探しツールとして機能しなくてはなりません。

大企業のリクルーテイングとは一線を画す戦略が必要です。
大企業のように数の理論で人材を確保するのではなく、一撃必殺の人材確保が理想ですし、投資コストも比較的抑えることができます。


“採用サイトの中心コンテンツは入社後の自分をイメージさせる仕掛け” の詳細は »

無料テンプレート配布から学ぶ技術料と時給のコスト意識

企業が取り扱う書類というのは、大抵決まった書式が制定されており、ISOなどを取得している企業は管理番号が付けられています。
ビジネス文書のサンプルを公開しているウェブサイトもあり、書式で悩むことが随分と少なくなったのではないでしょうか。

ただ、そのまま使えるかどうかはまた別問題ですよね。
カスタマイズして利用したり、書式に合わせて無理やり書類を作成したりするのは、ウェブサイトテンプレートでも同様です。


“無料テンプレート配布から学ぶ技術料と時給のコスト意識” の詳細は »