採用サイトの中心コンテンツは入社後の自分をイメージさせる仕掛け

人材開発を主眼としたリクルーティングサイトやリクルーティングページは、中小企業にとっては、人材のお宝探しツールとして機能しなくてはなりません。

大企業のリクルーテイングとは一線を画す戦略が必要です。
大企業のように数の理論で人材を確保するのではなく、一撃必殺の人材確保が理想ですし、投資コストも比較的抑えることができます。


“採用サイトの中心コンテンツは入社後の自分をイメージさせる仕掛け” の詳細は »

無料テンプレート配布から学ぶ技術料と時給のコスト意識

企業が取り扱う書類というのは、大抵決まった書式が制定されており、ISOなどを取得している企業は管理番号が付けられています。
ビジネス文書のサンプルを公開しているウェブサイトもあり、書式で悩むことが随分と少なくなったのではないでしょうか。

ただ、そのまま使えるかどうかはまた別問題ですよね。
カスタマイズして利用したり、書式に合わせて無理やり書類を作成したりするのは、ウェブサイトテンプレートでも同様です。


“無料テンプレート配布から学ぶ技術料と時給のコスト意識” の詳細は »

 

リンクの価値を失わせるrel=”nofollow”タグの使用限度

リンクポピュラリティの向上には、リンクの質について監視しなくてはならないケースがあります。

例えば、掲示板などは被リンク目的の書き込みやブログのコメントなどは、どう考えても相応しくないリンクが付くことがあります。
このようなリンクに対して、リンクジュースを漏らすのは運営者にとっては耐え難い思いもあるでしょうし、運営サイトの質をキープするためにも排除したい衝動にかられると思います。

そういう時は、問答無用でrel=”nofollow”タグを付けることですね。


“リンクの価値を失わせるrel=”nofollow”タグの使用限度” の詳細は »

ランキングやトラフィック追跡ツールの有効利用とは

Alexaなど、ウェブサイトのアクセス数をランキングで表示するツールはたくさんありますが、信用度はいかがなものなのでしょうか?

アクセスランキングと言えば、ブログランキングがイメージされるでしょうが、Alexaは世界のサイトを調査しているため、個人利用になると精度が荒くなるのではないかという意見もあります。

ランキングから何を見出すかについてのエントリーです。


“ランキングやトラフィック追跡ツールの有効利用とは” の詳細は »

 

リンクファームはどの程度の相互リンクで認識されるか

相互リンクの過程でリンクファームを心配するサイト管理者がいますが、リンクファームの定義について、まずは確認していくことからはじめましょう。

リンクファームは意図的に検索順位を操作する目的で、大量に相互リンクし合うリンク構造のことを言います。
同一人物か不特定多数かは問題ではなく、同一IPからの大量相互リンクも直接の問題とは限りません。


“リンクファームはどの程度の相互リンクで認識されるか” の詳細は »

IT門外漢がビジネスサイトの黒字化を目指すとき

ビジネスサイトにお金をつぎ込めば売上げが上がるという単純な方程式は存在しません。

つぎ込むのは、ネットマーケティングやSEOのコンサルタントのノウハウであって、ビジネスサイトのデザインや機能のアップなどではありません。

ましてやバックリンクをお金で買うなどは持っての外なのです。


“IT門外漢がビジネスサイトの黒字化を目指すとき” の詳細は »

 

プロの仕事の価格は技術と責任とリスク対応の総合評価

プロの仕事は高いのは当たり前です。
例えば、塗装職人に壁塗装を依頼する場合は、平米あたりの単価もしくは日当というかたちで人件費が見積もりされます。

ではここで質問です。
日当5千円の塗装職人と日当1万円の塗装職人がいたら、どちらに壁塗装を依頼するか。


“プロの仕事の価格は技術と責任とリスク対応の総合評価” の詳細は »