コンテンツ

スモールビジネスオーナーのパーソナルブランディング

スモールビジネスを標榜する個人起業家は、パーソナルブランディングに積極的に投資しています。

そもそもスモールビジネスとは、ベンチャービジネスとあまり区別がつかないイメージですが、
・小資金(数十万円レベル)
・専門特化
・ビジネスオーナー主体
・楽しむ
・細く長く
という要素を含んでいるものとされています。


“スモールビジネスオーナーのパーソナルブランディング” の詳細は »

ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない

ウェブサイトは訪問者が来なければ、単なるファイルの集まりです。
訪問者に内容を見てもらうことで、公開された価値がはっきり見えてきますよね。

では、一度来た訪問者を再度訪問させるには、どうしたら良いでしょうか?
つまりお得意さんにしてしまうことが、ウェブサイト運営の基本の柱だと思うのです。


“ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない” の詳細は »

 

1ページ内にどれだけのキーワードを詰め込むと良いか

1ページ1テーマというコンテンツの基本方針であるとき、キーワードやキーフレーズを何個含ませれば良いのか、ということで悩むSEOビギナーは多いものです。

個数で悩むことは必要なことではありません。

コンテンツの理想は、検索者の意図を汲み取った内容であることなので、キーワードの数ではありません。


“1ページ内にどれだけのキーワードを詰め込むと良いか” の詳細は »

アクセスアップとSEOを異口同音に語るのはちょっと違うのでは?

ビジネスサイトのウェブマスターはアクセスアップに四苦八苦しているケースが多いようです。

そもそも、アクセスアップの目的と手段を明確にしているのでしょうか。
アクセスアップと掛け声で終わるようでは、ウェブサイトの成長と活用の向上は見込めませんよね。

“アクセスアップとSEOを異口同音に語るのはちょっと違うのでは?” の詳細は »

 

ソーシャルメディアに対する取り組みが米国と日本では違う

米国のとあるSEO会社のブログに出てきたSESとSMXという略語がわからなくて調べてみました。

どちらもSEOやSEM業界に関わる法人や個人のための、カンファレンスイベントなのだそうです。
そのブログでは、定期開催されている模様をブログでリポートしてくれるので、非常に興味深く読んでいます。

業界の発展ぶりが羨ましいです。


“ソーシャルメディアに対する取り組みが米国と日本では違う” の詳細は »

Q&Aページの上手な利用方法を知りニーズを予測する

Q&Aページを使って、訪問者の行動を追跡したデータから、新たニーズを掴む方法について書いてみたいと思います。

これまでQ&Aページは、訪問者への不安や疑問を解消するための情報提供という面についてばかりが、クローズアップされてきたと思いますが、たくさんの質疑応答を準備することで、潜在的なニーズを探ることもできるのです。

特に、ビジネスサイトで、積極的に取り入れて欲しい手法です。


“Q&Aページの上手な利用方法を知りニーズを予測する” の詳細は »

 

リンクの価値を失わせるrel=”nofollow”タグの使用限度

リンクポピュラリティの向上には、リンクの質について監視しなくてはならないケースがあります。

例えば、掲示板などは被リンク目的の書き込みやブログのコメントなどは、どう考えても相応しくないリンクが付くことがあります。
このようなリンクに対して、リンクジュースを漏らすのは運営者にとっては耐え難い思いもあるでしょうし、運営サイトの質をキープするためにも排除したい衝動にかられると思います。

そういう時は、問答無用でrel=”nofollow”タグを付けることですね。


“リンクの価値を失わせるrel=”nofollow”タグの使用限度” の詳細は »

ランキングやトラフィック追跡ツールの有効利用とは

Alexaなど、ウェブサイトのアクセス数をランキングで表示するツールはたくさんありますが、信用度はいかがなものなのでしょうか?

アクセスランキングと言えば、ブログランキングがイメージされるでしょうが、Alexaは世界のサイトを調査しているため、個人利用になると精度が荒くなるのではないかという意見もあります。

ランキングから何を見出すかについてのエントリーです。


“ランキングやトラフィック追跡ツールの有効利用とは” の詳細は »

 

IT門外漢がビジネスサイトの黒字化を目指すとき

ビジネスサイトにお金をつぎ込めば売上げが上がるという単純な方程式は存在しません。

つぎ込むのは、ネットマーケティングやSEOのコンサルタントのノウハウであって、ビジネスサイトのデザインや機能のアップなどではありません。

ましてやバックリンクをお金で買うなどは持っての外なのです。


“IT門外漢がビジネスサイトの黒字化を目指すとき” の詳細は »