検索エンジン

検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない

検索アルゴリズムは数百レベルで存在すると言われています。
その中で、特に重み付けの大きい項目は、せいぜい数十ということが、一般的な解釈です。

この「せいぜい数十」が現在、SEOの実施事項として挙がっているものです。
その中のとりわけ重要な項目が、タイトルでありリンクポピュラリティといった部分であるわけです。


“検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない” の詳細は »

アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは

ウェブサイトは被リンクの数、つまりリンクの獲得数でウェブサイト自体の価値が上がります。
SEOにおいても被リンクの重要性は誰もが認識しており、GoogleやYahooにおいても被リンクへの評価を重要視しています。

被リンクは人気獲得のバロメータであり、ウェブサイトのコンテンツ支持数の指数であるとも言えるでしょう。

被リンクの内容はコンテンツ評価の証としてや、運営者同士のつながりによるものなど、非常に多彩なものになっているでしょう。


“アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは” の詳細は »

 

SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察する

SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察することにしてみましょう。

SEOに関する書籍やネット上のSEO情報から、かなりたくさんのSEOに関する知識を学ぶことが可能です。
これは否定しませんし、もっともっとSEOについての書籍やネット上での記事が出てもいいと思います。

このような環境の中で、SEOは自分でやれるということなのですが・・・。


“SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察する” の詳細は »

サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する

検索ユーザーの意図を中心に、キーワード選定をするウェブサイトは、アクセスが少ないにも関わらず、安定したコンバージョンが得られることが多いものです。

アクセス数だけ見れば大した事もないし、デザインについても賞賛されるほどでもないという、密かに優秀なウェブサイトをたくさん持つことは、安定した売上げを獲得するための戦略のひとつです。


“サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する” の詳細は »

 

Googleサーチウィキはなんのために利用すればいいのか

Googleのよくわからない機能であるGoogleサーチウィキについて考えてみました。

特徴としては、検索結果をカスタマイズできるというものです。
勝手に順位を入れ替えたり、特に関心のないウェブサイトは非表示にしたり、ちょっとしたコメントが記入できたり・・・。

利用価値が今のところ見出せません。


“Googleサーチウィキはなんのために利用すればいいのか” の詳細は »

検索ランキングの上昇をフォローしてアクセスアップする方法

検索順位がどうしても現状より上がらない、と悩んでいるWEB担当者やSEO実践者は多いと思います。

2ページ目3ページ目に出現しているページを1ページ目に持ってくる場合は、まだ、ちょっとした手直しで上昇させる可能性はありますが、上位5位以内でのつばぜり合いでは、実力均衡でその差を埋める時間も労力も膨大になってきます。

となると、別の手段で、アクセスを呼び寄せる方法も考えないといけないでしょうね。


“検索ランキングの上昇をフォローしてアクセスアップする方法” の詳細は »

 

ウェブサイトの表示速度が検索ランキングに影響するのは米国だけか?

都市伝説と思っている時期もあったのですが、ウェブサイトの表示速度がSEOに影響するということを、Googleではほぼアルゴリズムに組み込んでいるようですね。

考えてみれば、ごく自然なことですよね。
インフラが整っている現在では、動画がコンテンツと同居することは当たり前になってきましたから、ユーザーをイライラさせないことは、サービスの向上のひとつですよね。


“ウェブサイトの表示速度が検索ランキングに影響するのは米国だけか?” の詳細は »

リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら

GoogleがSEO目的の有料リンクに目を光らせてから、リンク販売がトーンダウンしてきました。
表向きにはトーンダウンしただけで、リンク販売は秘密裏に行われていることでしょう。

この秘密裏なリンク売買の是非はともかく、それほどリンクの重要性がウェブ担当者には浸透していることがわかりますよね。

今後も、GoogleはSEO目的の有料リンクには、鋭い眼光を投げると思います。


“リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら” の詳細は »

 

SEMで質の高いキーワード調査作業の方法を大公開

SEMにおける検索キーワード調査についてまとめておきたいと思います。

キーワード調査がなぜ大切なのかと言いますと、価値のあるキーワードを探索・発掘することで見返りが大きいことが明らかだからです。
キーワード調査は洞察力の勝負と言っても過言ではないでしょう。

キーワードひとつで市場の変化に対応でき、製品やコンテンツ、サービスを提供することが出来るのです。


“SEMで質の高いキーワード調査作業の方法を大公開” の詳細は »

SEOはインターネット広告の中で最強の広告効果のジャンルに

これからSEO市場は伸びていくと思いますか。
それとも衰退していくと思いますか。

独断すればSEO市場は、インターネット広告ほどの伸びは無いにしろ、緩やかに成長していくものと考えています。
本当は、インターネット広告に引っ張られる形で、もっと成長率を高めて欲しいところですが、結局のところ、SEOも広告形態のひとつと考えれば、インターネット広告に含めてもいいのではないでしょうかね。


“SEOはインターネット広告の中で最強の広告効果のジャンルに” の詳細は »