algorism

SEOツールは単機能から複合機能へシフトしアドオンタイプが隆盛を極めそう

SEOツールと言えば、当然のように、検索ランキンクチェックやインデクスチェック、被リンク数チェックなどを紹介している記事は多いですよね。

ところが、Firefoxのアドオンや海外で有名なSEOツールの紹介記事などは、もっと専門的で深い調査が出来るものが多いです。


“SEOツールは単機能から複合機能へシフトしアドオンタイプが隆盛を極めそう” の詳細は »

ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない

ウェブサイトは訪問者が来なければ、単なるファイルの集まりです。
訪問者に内容を見てもらうことで、公開された価値がはっきり見えてきますよね。

では、一度来た訪問者を再度訪問させるには、どうしたら良いでしょうか?
つまりお得意さんにしてしまうことが、ウェブサイト運営の基本の柱だと思うのです。


“ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない” の詳細は »

 

激戦キーワードを制するには有料リンクは必須と言い放つ米国SEO業者

激戦キーワードを制するには、という問いに対して、日本のSEOエキスパートは決して「リンクを買う」という事は言いませんよね。
ところが、アメリカのSEO記事を和訳で無理矢理読むとですよ、「リンク買わなければ無理だ」なんてこと、平気で言ってるんですよね。

しかも、ある程度、有名どころのCEOクラスが言い放っているというところが驚きです。


“激戦キーワードを制するには有料リンクは必須と言い放つ米国SEO業者” の詳細は »

GoogleガイドラインでSEO保証ビジネスから身を守ろう

SEO業者を探す前に、Googleのガイドラインを熟読することおすすめします。
それはなぜか?

あらゆるSEOコンサルティングやサービスにおいて、GoogleやYahooの公認は一切ありません。
例えば、検索ランキングの1ページ目出現を保証、ということがセールスページに記載されていたならば、間違いなく疑って見ることが出来るようになるからです。


“GoogleガイドラインでSEO保証ビジネスから身を守ろう” の詳細は »

 

ウェブマーケティングの世界で生き残るための方法

SEO専門バカになると、業務の幅を狭くするだけでなく、スキルアップや考え方にも影響が出てきます。
思考の多様性と経験範囲の狭さは、ウェブマーケティングの世界では生き残りが難しいのではないでしょうか。

能力やスキル習得イメージは、「逆T型」や「山型」がいいのではないでしょうか。
逆T型はひとつだけ飛び抜けて能力やスキルを獲得していくこと、山型は2.3の関連する能力やスキルを包括的に身につけることのイメージです。


“ウェブマーケティングの世界で生き残るための方法” の詳細は »

SEOはインターネット広告の中で最強の広告効果のジャンルに

これからSEO市場は伸びていくと思いますか。
それとも衰退していくと思いますか。

独断すればSEO市場は、インターネット広告ほどの伸びは無いにしろ、緩やかに成長していくものと考えています。
本当は、インターネット広告に引っ張られる形で、もっと成長率を高めて欲しいところですが、結局のところ、SEOも広告形態のひとつと考えれば、インターネット広告に含めてもいいのではないでしょうかね。


“SEOはインターネット広告の中で最強の広告効果のジャンルに” の詳細は »

 

インターネットでウェブビジネスの全ノウハウが得られるという幻想

自社のホームページが検索でヒットしない状況は、ビジネスサイトの場合は、非常に大きな問題です。

このようなサイトの状態のウェブマスターほど、インターネットで情報を収集していろいろと試したのですがダメでした、という悩みが多いようです。
インターネットで情報を集めていろいろ試すことが、逆にデメリットになっている場合があるんですよね。

“インターネットでウェブビジネスの全ノウハウが得られるという幻想” の詳細は »

コピーブロガーは複製を好むブロガーではないということを改めて

コピーライターならぬコピーブロガーという言い方があるそうですが、ちょっと間違えると、複製ブロガーの意味にとられたりしませんかね?

恐らく、初めて「コピーブロガー」を耳にすれば、そのほとんどは、複製を得意とするブロガーつまりスパム的コンテンツを公開しまくっているブロガーという認識になりそうな気がしますが、いかがでしょうかね。


“コピーブロガーは複製を好むブロガーではないということを改めて” の詳細は »

 

ウェブサイトは投資対象となる資産です

「役に立つウェブサイト」とよく言われるのですが、誰に対してなのか、はっきりとはしていないところがミソだと思いませんか?
そういっていれば、もっともらしく聞こえる、困惑を誘発する代表的なフレーズではないでしょうか。

役に立つウェブサイトと言っても、運営者にとってなのか、訪問者に対してなのか、はたまた検索エンジンについてなのか、さっぱり対象が不明ですよね。


“ウェブサイトは投資対象となる資産です” の詳細は »

検索エンジンとサイト運営者の類似ページ認識ギャップ

Googleの検索窓からウェブサイトのインデクス数を確認する「site:サイトURL」で検索したときに、

最も的確な結果を表示するために、上の××件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

このメッセージが出たら、顔色を変えないといけないですよ、WEB担当者の皆さんは。
ウェブサイト制作の時に、あるチェックを怠ると出る現象です。


“検索エンジンとサイト運営者の類似ページ認識ギャップ” の詳細は »