link

アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは

ウェブサイトは被リンクの数、つまりリンクの獲得数でウェブサイト自体の価値が上がります。
SEOにおいても被リンクの重要性は誰もが認識しており、GoogleやYahooにおいても被リンクへの評価を重要視しています。

被リンクは人気獲得のバロメータであり、ウェブサイトのコンテンツ支持数の指数であるとも言えるでしょう。

被リンクの内容はコンテンツ評価の証としてや、運営者同士のつながりによるものなど、非常に多彩なものになっているでしょう。


“アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは” の詳細は »

被リンクに相当する価値があるのかを評価する分析項目

被リンク獲得のために、滅多やたらとディレクトリサイトに登録することは、SEOビギナーを卒業したばかりの自称中級者がよくやっているようです。
素性の知らないディレクトリサイトに、何の躊躇もなく登録することは、SEOエキスパートならば、まずやらない行為ですよね。

被リンクとして評価されるのか、そのサイト自体の価値はどうなのかを調べないことは、手抜きSEOとしか思えないと言われても仕方がないように思います。


“被リンクに相当する価値があるのかを評価する分析項目” の詳細は »

 

1ページ内にどれだけのキーワードを詰め込むと良いか

1ページ1テーマというコンテンツの基本方針であるとき、キーワードやキーフレーズを何個含ませれば良いのか、ということで悩むSEOビギナーは多いものです。

個数で悩むことは必要なことではありません。

コンテンツの理想は、検索者の意図を汲み取った内容であることなので、キーワードの数ではありません。


“1ページ内にどれだけのキーワードを詰め込むと良いか” の詳細は »

ヤフーサイトエクスプローラーで被リンクに関するデータを使え

バックリンクとフィードの送信に便利なのが、ヤフーサイトエクスプローラーです。

Yahooのアカウントがあれば、即座に利用できる無料ツールで、運営中のウェブサイトを登録して積極的に活用していることと思われます。

“ヤフーサイトエクスプローラーで被リンクに関するデータを使え” の詳細は »

 

アクセスアップとSEOを異口同音に語るのはちょっと違うのでは?

ビジネスサイトのウェブマスターはアクセスアップに四苦八苦しているケースが多いようです。

そもそも、アクセスアップの目的と手段を明確にしているのでしょうか。
アクセスアップと掛け声で終わるようでは、ウェブサイトの成長と活用の向上は見込めませんよね。

“アクセスアップとSEOを異口同音に語るのはちょっと違うのでは?” の詳細は »

SEOの神様のイタズラに遭わないために継続的な努力が必要だと思う

SEOはテクニックを追求することではありません。
どちらかと言うと、検索ユーザーの心理的なものを読むチカラがあった方が、実は好ましいと思います。

これはビジネスのどの分野でも通用すると思いますが、人がモノを買うときの心理や行動を推測したり、あるいは実験によってパターンを導き出す能力に長けることが、マーケティングでは有利に働きますよね。


“SEOの神様のイタズラに遭わないために継続的な努力が必要だと思う” の詳細は »

 

ネット広告やリンクのクリック率は計測する意味があるのか

リンクや検索連動型広告は出来ればクリックされたいものですよね。
SEO目的のリンクでなく、コンバージョンにからむリンクならば、余計にクリック率が気になるところでしょう。

クリック率を上げれば、ゴールが近づくというわけでもありませんが、クリックのされ易さの目安にもなります。
では、どういった方法で、クリック率を上げることが出来るでしょうか。


“ネット広告やリンクのクリック率は計測する意味があるのか” の詳細は »

ランキングやトラフィック追跡ツールの有効利用とは

Alexaなど、ウェブサイトのアクセス数をランキングで表示するツールはたくさんありますが、信用度はいかがなものなのでしょうか?

アクセスランキングと言えば、ブログランキングがイメージされるでしょうが、Alexaは世界のサイトを調査しているため、個人利用になると精度が荒くなるのではないかという意見もあります。

ランキングから何を見出すかについてのエントリーです。


“ランキングやトラフィック追跡ツールの有効利用とは” の詳細は »