seojukucom

ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない

ウェブサイトは訪問者が来なければ、単なるファイルの集まりです。
訪問者に内容を見てもらうことで、公開された価値がはっきり見えてきますよね。

では、一度来た訪問者を再度訪問させるには、どうしたら良いでしょうか?
つまりお得意さんにしてしまうことが、ウェブサイト運営の基本の柱だと思うのです。


“ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない” の詳細は »

激戦キーワードを制するには有料リンクは必須と言い放つ米国SEO業者

激戦キーワードを制するには、という問いに対して、日本のSEOエキスパートは決して「リンクを買う」という事は言いませんよね。
ところが、アメリカのSEO記事を和訳で無理矢理読むとですよ、「リンク買わなければ無理だ」なんてこと、平気で言ってるんですよね。

しかも、ある程度、有名どころのCEOクラスが言い放っているというところが驚きです。


“激戦キーワードを制するには有料リンクは必須と言い放つ米国SEO業者” の詳細は »

 

GoogleガイドラインでSEO保証ビジネスから身を守ろう

SEO業者を探す前に、Googleのガイドラインを熟読することおすすめします。
それはなぜか?

あらゆるSEOコンサルティングやサービスにおいて、GoogleやYahooの公認は一切ありません。
例えば、検索ランキングの1ページ目出現を保証、ということがセールスページに記載されていたならば、間違いなく疑って見ることが出来るようになるからです。


“GoogleガイドラインでSEO保証ビジネスから身を守ろう” の詳細は »

コンバージョンレートを向上させるマーケテイング終着点

入力フォームの仕様には、気をつけたいですね。
エントリーフォームの改良で、コンバージョンレートが急激に向上した、という可能性も否定はできません。

もちろん、現状のウェブサイトの訪問者の動向を調べて、エントリーフォームに問題がありそうならば、改良に着手するわけですが、基礎知識として、ある程度のことは知っておくとよさそうです。


“コンバージョンレートを向上させるマーケテイング終着点” の詳細は »

 

ネットオンチの社長にウェブマーケティングを提案するとしたら

インターネットに馴染みの薄いアナログ的な社長は、まだまだたくさんいます。
そんな社長が、業績が上がらないのは不景気だからだ、と言っているのならば、転職を考えた方がいいかもしれません。

逆に、なんとかしたいなあと前向きな社長ならば、ウェブマーケティングの導入の検討を提案してみてはいかがでしょうか。
ただ、ネットオンチな社長に説明することは、大きな壁が立ちはだかっているようなものですね。


“ネットオンチの社長にウェブマーケティングを提案するとしたら” の詳細は »