検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない

検索アルゴリズムは数百レベルで存在すると言われています。
その中で、特に重み付けの大きい項目は、せいぜい数十ということが、一般的な解釈です。

この「せいぜい数十」が現在、SEOの実施事項として挙がっているものです。
その中のとりわけ重要な項目が、タイトルでありリンクポピュラリティといった部分であるわけです。

タイトルの重要性やリンク構造について知っていたとしても、たかだか数百もある検索アルゴリズムの中のほんの一部でしかありません。

本来、SEOエキスパートならば、検索アルゴリズムの全てを知ろうとするぐらいのマニアぶりを発揮するぐらいがちょうど良いわけですが、影響の少ない検索アルゴリズムに時間と労力を費やすことは、あまり賢明なことではありませんよね?
ですから、影響のあるSEO項目の洗い出し作業と、アルゴリズムの更新による影響力の変化を見極める必要があるのです。

ウェブサイトにおけるSEOは、検索ランキングの上位表示ではなくて、長期間に渡って検索エンジンに、関連キーワードについての良質なウェブサイトであることを知らせ続けることが目的なのです。
その結果、検索ランキングの好位置をキープ出来ている、という状態が望ましいのです。

ちょっとニュアンスがわかりづらいかもしれませんが、検索ランキング上位表示に目が向くと、順位の変動にアタフタしなければならなくなります。

«