過小評価も誇大評価もダメなので適正価格を堂々と示そう

自ら営むSEO事業を過小評価しすぎることは、あまり意味の無い謙遜です。
SEOは大変な仕事であることを、相手に説き伏せる必要はありませんが、データを示して、SEOがどれほど他のクライアントに貢献してきたかを堂々と伝えることはしても良いはずです。

仕事の安売りは、身の破滅です。
正当な評価を得られていないならば、正当な評価をしてくれるクライアントを探しましょう。


“過小評価も誇大評価もダメなので適正価格を堂々と示そう” の詳細は »

コンバージョンレートを向上させるマーケテイング終着点

入力フォームの仕様には、気をつけたいですね。
エントリーフォームの改良で、コンバージョンレートが急激に向上した、という可能性も否定はできません。

もちろん、現状のウェブサイトの訪問者の動向を調べて、エントリーフォームに問題がありそうならば、改良に着手するわけですが、基礎知識として、ある程度のことは知っておくとよさそうです。


“コンバージョンレートを向上させるマーケテイング終着点” の詳細は »

 

ウェブマーケティングの世界で生き残るための方法

SEO専門バカになると、業務の幅を狭くするだけでなく、スキルアップや考え方にも影響が出てきます。
思考の多様性と経験範囲の狭さは、ウェブマーケティングの世界では生き残りが難しいのではないでしょうか。

能力やスキル習得イメージは、「逆T型」や「山型」がいいのではないでしょうか。
逆T型はひとつだけ飛び抜けて能力やスキルを獲得していくこと、山型は2.3の関連する能力やスキルを包括的に身につけることのイメージです。


“ウェブマーケティングの世界で生き残るための方法” の詳細は »

小さな用紙で大きな反応を得る広告的名刺の配布のすすめ

ビジネスアイテムとして利用されている名刺ですが、あまり代わり映えしない名刺が多いです。
コスト削減の折、不必要なことは記載しないようにしているのでしょうかね。

名前、部署名、肩書き、所在地・・・・これって、口で伝えられる内容です。
わざわざ、これだけを名刺に記載する意味がわかりません。
が、それが慣例としてまかり通っているのが、仕事の社会ですよね。


“小さな用紙で大きな反応を得る広告的名刺の配布のすすめ” の詳細は »

 

ネットオンチの社長にウェブマーケティングを提案するとしたら

インターネットに馴染みの薄いアナログ的な社長は、まだまだたくさんいます。
そんな社長が、業績が上がらないのは不景気だからだ、と言っているのならば、転職を考えた方がいいかもしれません。

逆に、なんとかしたいなあと前向きな社長ならば、ウェブマーケティングの導入の検討を提案してみてはいかがでしょうか。
ただ、ネットオンチな社長に説明することは、大きな壁が立ちはだかっているようなものですね。


“ネットオンチの社長にウェブマーケティングを提案するとしたら” の詳細は »

SEOはインターネット広告の中で最強の広告効果のジャンルに

これからSEO市場は伸びていくと思いますか。
それとも衰退していくと思いますか。

独断すればSEO市場は、インターネット広告ほどの伸びは無いにしろ、緩やかに成長していくものと考えています。
本当は、インターネット広告に引っ張られる形で、もっと成長率を高めて欲しいところですが、結局のところ、SEOも広告形態のひとつと考えれば、インターネット広告に含めてもいいのではないでしょうかね。


“SEOはインターネット広告の中で最強の広告効果のジャンルに” の詳細は »

 

被リンクに相当する価値があるのかを評価する分析項目

被リンク獲得のために、滅多やたらとディレクトリサイトに登録することは、SEOビギナーを卒業したばかりの自称中級者がよくやっているようです。
素性の知らないディレクトリサイトに、何の躊躇もなく登録することは、SEOエキスパートならば、まずやらない行為ですよね。

被リンクとして評価されるのか、そのサイト自体の価値はどうなのかを調べないことは、手抜きSEOとしか思えないと言われても仕方がないように思います。


“被リンクに相当する価値があるのかを評価する分析項目” の詳細は »

1ページ内にどれだけのキーワードを詰め込むと良いか

1ページ1テーマというコンテンツの基本方針であるとき、キーワードやキーフレーズを何個含ませれば良いのか、ということで悩むSEOビギナーは多いものです。

個数で悩むことは必要なことではありません。

コンテンツの理想は、検索者の意図を汲み取った内容であることなので、キーワードの数ではありません。


“1ページ内にどれだけのキーワードを詰め込むと良いか” の詳細は »

 

ヤフーサイトエクスプローラーで被リンクに関するデータを使え

バックリンクとフィードの送信に便利なのが、ヤフーサイトエクスプローラーです。

Yahooのアカウントがあれば、即座に利用できる無料ツールで、運営中のウェブサイトを登録して積極的に活用していることと思われます。

“ヤフーサイトエクスプローラーで被リンクに関するデータを使え” の詳細は »

保証を謳うSEOの営業にはGoogleのガイドラインを示そう

検索ランキングの上位表示保証を標榜するSEO業者さんについて、どう思うか、という相談を受けたりしたことはありませんか。

SEOはウェブサイトの価値と検索ランキングの向上のためには欠かせないものではありますが、検索ランキングの上位表示の保証は難しいと思うのです。

Googleのガイドラインには、保証する有料サービスはありませんって明言されていますからね。


“保証を謳うSEOの営業にはGoogleのガイドラインを示そう” の詳細は »