ウェブサイトリニューアル実行時の問題点を書き出そう

ウェブサイトをリニューアルした直後は、神経がピリピリと張り詰めるものです。
散々テストを繰り返してきたはずなのに、公開することで、何かが変わってしまわないかという不安にかられますよね。

ちょっとしたエラーでも、ドキッとさせられるものです。
ウェブページがしっかりとクロールされているかどうかも気になるところですよね。


“ウェブサイトリニューアル実行時の問題点を書き出そう” の詳細は »

サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する

検索ユーザーの意図を中心に、キーワード選定をするウェブサイトは、アクセスが少ないにも関わらず、安定したコンバージョンが得られることが多いものです。

アクセス数だけ見れば大した事もないし、デザインについても賞賛されるほどでもないという、密かに優秀なウェブサイトをたくさん持つことは、安定した売上げを獲得するための戦略のひとつです。


“サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する” の詳細は »

 

時間を必要コストと考えると24時間を最大限有効活用したい

時間管理についての関心は、昔から高いようですね。
特にサラリーマンは、時間管理が命でもあるかのように、がむしゃらに時間管理に励む方もいるようですが、管理のための管理は、逆に非効率であるようです。

SEOエキスパートになるための時間管理術というものは、特にあるわけではありませんが、少なくともソースばかり弄っているだけでは、SEOエキスパートへの道は厳しいでしょう。


“時間を必要コストと考えると24時間を最大限有効活用したい” の詳細は »

Googleサーチウィキはなんのために利用すればいいのか

Googleのよくわからない機能であるGoogleサーチウィキについて考えてみました。

特徴としては、検索結果をカスタマイズできるというものです。
勝手に順位を入れ替えたり、特に関心のないウェブサイトは非表示にしたり、ちょっとしたコメントが記入できたり・・・。

利用価値が今のところ見出せません。


“Googleサーチウィキはなんのために利用すればいいのか” の詳細は »

 

検索ランキングの上昇をフォローしてアクセスアップする方法

検索順位がどうしても現状より上がらない、と悩んでいるWEB担当者やSEO実践者は多いと思います。

2ページ目3ページ目に出現しているページを1ページ目に持ってくる場合は、まだ、ちょっとした手直しで上昇させる可能性はありますが、上位5位以内でのつばぜり合いでは、実力均衡でその差を埋める時間も労力も膨大になってきます。

となると、別の手段で、アクセスを呼び寄せる方法も考えないといけないでしょうね。


“検索ランキングの上昇をフォローしてアクセスアップする方法” の詳細は »

SEOツールは単機能から複合機能へシフトしアドオンタイプが隆盛を極めそう

SEOツールと言えば、当然のように、検索ランキンクチェックやインデクスチェック、被リンク数チェックなどを紹介している記事は多いですよね。

ところが、Firefoxのアドオンや海外で有名なSEOツールの紹介記事などは、もっと専門的で深い調査が出来るものが多いです。


“SEOツールは単機能から複合機能へシフトしアドオンタイプが隆盛を極めそう” の詳細は »

 

SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある

サービスをコストと考えるか投資と考えるかで、そのマインドは変わります。

例えば、SEO塾マニュアルは、一度きりの購入で長く利用できます。
もろちん、アルゴリズム変動の情報は、塾生サイトで公開していますから、フォローも万全です。

これをコストと考えると、マニュアルを改訂しろ、という要望が出てくるんですよね。


“SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある” の詳細は »

ブログ初心者向けのブログ開設のためのチェックリスト

いざブログをやろうと思っても、なかなか動けない人は多いものです。
ブログ開設は難しいかもしれない、と勝手にハードルを上げてしまうのは、習性なんでしょうかね。

できることは何かを探すことよりも、出来ない理由を並べ立てるのが好きなのは、人間の特徴なのかなとも思います。
すべてがそういう人ではありませんが、少しでもブログに関心のある方へのエントリーです。


“ブログ初心者向けのブログ開設のためのチェックリスト” の詳細は »

 

キーワード調査のためのツール選びよりデータの読み方に注意

キーワード調査のために利用するツールは、インターネット上で公開されています。
どのキーワード調査ツールが良いか、という疑問はあると思いますが、ツールで出でくるデータをどう読み取るか、ということさえ間違わなければ、どのツールでも構わないのではないでしょうか。

キーワード調査ツールが、これだけたくさん出回っているということは、データの出所も一元化されていないわけです。
ツール同士で比較すると、データが違うのはそのためですよね。


“キーワード調査のためのツール選びよりデータの読み方に注意” の詳細は »

海外SEO情報についてSEO塾があまり言及しなかった理由と栄枯盛衰

海外のSEO情報については、SEO塾は、これまであまり言及してきませんでしたが、特に他意はありません。
英文に慣れない、ということが、これまで取り扱っていないことの最大の理由ではありますが、今更、有益な海外のSEOブログを翻訳して、日本流にアレンジして発信するというのは、もう先駆者がいますからね。

後追いは意味はありませんし、何よりも、そういう部分に割ける労力が惜しいんですよね、今は。
かと言って、余裕が出来たらやるのかと言えば、それは無いでしょう。


“海外SEO情報についてSEO塾があまり言及しなかった理由と栄枯盛衰” の詳細は »