テキストリンクとバナーリンクではどちらが好反応か

オンライン広告を目にしない日は無いほど、インターネットがビジネスに活かされていることを実感します。
どれだけのコストを企業は負担しているのでしょうかね。

新聞雑誌と同様にインターネットのオンライン広告にも特徴があります。
資金力のある企業はバナー広告を好み、資金力の乏しい企業はテキスト広告を好むようなのです。

新聞や雑誌に掲載する広告は、イメージ広告であり、大企業が製品を広く一般的に認知させたりブランディングのために用いるものですが、中小企業がこれをやってしまうと、たちまち資金の浪費が始まります。

オンライン広告では、テキストリンクとバナーリンクに大別されるわけですが、反応率を見てみると、テキストリンクの方が高いケースがほとんどです。
これは、テキストリンクがどのようなコンテンツでもウェブサイトに馴染んでいることが、一番の原因だと思います。
テキストリンクの方が広告掲載料が安いということもありますが、コンテンツを形成するひとつのリンクだと思ってクリックするインターネットユーザーがいることは確かです。

テキストリンクの例を出せば、「福岡の最強ホームページSEOはこちら」などですね。

集客と売上を福岡企業のホームページに
福岡商工会議所メンバーの株式会社アルゴリズムが集客売上パッケージを提供
www.algorism.net/

クリック率だけ計測してみるとテキストリンクが上ですが、本来はクリックの必要の無いリンクであるため、コンバージョンレートに関しては未知数ですね。
バナー広告はクリック率よりも、露出回数を求める方が良いでしょう。

«
»