クライアントによって仕事の質と必須作業は変えてはいけない

作業標準や業務マニュアルの整備は、業務の品質を一定にする効果があります。
誰にでも均一な仕事が出来るように、という考え方が基本となっていると思いますが、それは本当に正しいことなのでしょうか。

正しいが正しくないかという表現には語弊があるかも知れませんが、没個性そして能力の制限にならないものかという意見もあるのではないでしょうかね。

オンラインマーケティングの仕事は、クライアントによって、仕事のストーリーは変わりますよね。
しかし、共通して必要な作業というものがあるのです。

オンラインマーケティングの仕事は主に、
1.ウェブサイト企画設計制作
2.ウェブサイトの改善とメンテナンス
3.検索キーワードおよび市場ニーズ調査
4.アクセス解析データのまとめ
5.リンク構築
6.オンライン広告戦略
などです。

どのクライアントでも、上記の仕事は外せません。
クライアントへ良い結果をもたらすためには、優先順位を決めて、作業時間を確保することが大切です。

クライアントに最も不足していることや強化しなければならないことを最優先事項にしたにも関わらず、作業時間が取れなかった、では済まされません。
優先順位の高い作業が多くの時間を割けるように、マネジメントしていく能力も必要ですね。

一週間単位で、作業時間を振り返ってみると、業務効率化に役立ちます。

«