小さな用紙で大きな反応を得る広告的名刺の配布のすすめ

ビジネスアイテムとして利用されている名刺ですが、あまり代わり映えしない名刺が多いです。
コスト削減の折、不必要なことは記載しないようにしているのでしょうかね。

名前、部署名、肩書き、所在地・・・・これって、口で伝えられる内容です。
わざわざ、これだけを名刺に記載する意味がわかりません。
が、それが慣例としてまかり通っているのが、仕事の社会ですよね。

現状に異を唱えることは勇気が必要です。
人は、慣れ親しんだ環境から脱却することを、苦痛に思ったり、それを進めようとする人間を排除しようとしたりと、防衛反応を示します。

と、そこまで大げさな話してはなくて、名刺を広告ツールとして見たら、どういう効果があるのかなと思っただけなのです。
名刺は広告であると考えると、もっと有効に機能させたいという思いが出てきませんか?

せっかく大事なお金を使うのなら、戦略的な広告的名刺を作成してリターンを得ましょう。
名刺を経費扱いにせず、投資対象とするのです。
会計は経費扱いの方が良いでしょうが。。。

ひとりあたり100枚程度を持てるわけですし、ターゲットユーザーに直接配布できる、すばらしい広告じゃないですか。
高いコンバージョンが期待できませんか。
計測して検証してみる価値はあると思いますが。

名刺を割引チケットにしたりすると、意外に反応が高くなるという情報もあるようです。

反応の良いSEOブログ
コンテンツの良さとは読み手に役立つかどうかがポイント。得したと思わせる情報がコツ。
www.seoragnarok.com/blog/

«
»