ウェブマーケティングの世界で生き残るための方法

SEO専門バカになると、業務の幅を狭くするだけでなく、スキルアップや考え方にも影響が出てきます。
思考の多様性と経験範囲の狭さは、ウェブマーケティングの世界では生き残りが難しいのではないでしょうか。

能力やスキル習得イメージは、「逆T型」や「山型」がいいのではないでしょうか。
逆T型はひとつだけ飛び抜けて能力やスキルを獲得していくこと、山型は2.3の関連する能力やスキルを包括的に身につけることのイメージです。

ウェブマーケティングでは、ひとつの手法に拘ることはしません。
トラフィックの獲得チャネルは、複数存在するので、出来るだけ守備範囲は広いほうが良いのは、誰にでも想像できると思います。
もちろん、戦術は条件によって取捨選択が必要です。

オーソドックスな方法としては、
・SEO
・オンライン広告
・メールマガジン
の3本柱で回しているケースは、よく見られます。

その他の組み合わせも考えられますが、単純に、組み合わせれば良いというものでもありません。
ゴールは何か、そのためのストーリーは決まっているかを明確にさえしていれば、SEOコンサルティングで目的達成は見えてくるでしょう。

上記のケースでは、メールマガジン購読用ウェブページをランディングページして、検索エンジンとオンライン広告からトラフィックを集めます。
ターゲットされた購読者に対して、サービス利用についてのベネフィットを伝えたりと教育していくわけですね。

«
»