リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら

GoogleがSEO目的の有料リンクに目を光らせてから、リンク販売がトーンダウンしてきました。
表向きにはトーンダウンしただけで、リンク販売は秘密裏に行われていることでしょう。

この秘密裏なリンク売買の是非はともかく、それほどリンクの重要性がウェブ担当者には浸透していることがわかりますよね。

今後も、GoogleはSEO目的の有料リンクには、鋭い眼光を投げると思います。


なぜ、SEO目的の有料リンクが排除されるのかを、もう一度整理しておきます。
Googleサイドからすると、故意の検索ランキングを操作する行為とみなしているからです。

SEOでは、外部リンクはモロに検索ランキングに影響を受けますので、リンク購入の資金がある運営母体が検索ランキングの上位に表示されることを避けることもあるでしょう。
そうなると、検索ユーザー無視の検索エンジンになってしまいますよね。

ただしGoogleは、広告目的で有料リンクの購入には一切何もいいません。
rel=”nofollow”属性を付けておいてください、という程度で判別可能としているようです。
逆に、rel=”nofollow”属性が付与されていない広告目的の有料リンクは、ペナルティの対象とされる危険性もありますね。

GoogleにバレないSEO目的の有料リンク獲得法は存在しますが、戦略上必要だとしてもハイリスクを覚悟するべきですね。

«
»