アンカーテキストを指定して被リンクを得る理由とは

ウェブサイトは被リンクの数、つまりリンクの獲得数でウェブサイト自体の価値が上がります。
SEOにおいても被リンクの重要性は誰もが認識しており、GoogleやYahooにおいても被リンクへの評価を重要視しています。

被リンクは人気獲得のバロメータであり、ウェブサイトのコンテンツ支持数の指数であるとも言えるでしょう。

被リンクの内容はコンテンツ評価の証としてや、運営者同士のつながりによるものなど、非常に多彩なものになっているでしょう。

SEOを前提に被リンクに関する話をすると、リンク元のウェブサイトのテーマに関連があるテーマをコンテンツとして展開するウェブサイトからの被リンクは、特に欲しい性質のものですね。
異なるテーマやジャンルの被リンクは、拒否すればいいのかというと、そうではありません。

検索エンジンの評価の重み付けが変わるだけで、どれもムダな被リンクは無いのです。
具体的には、同一テーマや同一ジャンルの被リンクを10とすると、異なるテーマやジャンルの被リンクはそれ以下になるというイメージですね。

ましてや、リンク元のウェブサイトとメインキーワードとリンク先のウェブサイトのメインキーワードが同じか或いは関連するキーワードなら、最大の評価が得られることがわかっています。
アンカーテキストにキーワードを含めるというのは、そういった仕組みがあるからです。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«
»