ウェブサイトリニューアル実行時の問題点を書き出そう

ウェブサイトをリニューアルした直後は、神経がピリピリと張り詰めるものです。
散々テストを繰り返してきたはずなのに、公開することで、何かが変わってしまわないかという不安にかられますよね。

ちょっとしたエラーでも、ドキッとさせられるものです。
ウェブページがしっかりとクロールされているかどうかも気になるところですよね。

リニューアル時に、ドメインが変わった場合、よくあるポカミスとしては、お問合せのメールアドレスです。
古いURLのまま設定されていたりするケースもあるので、よく確認しておきましょう。

検索ランキングも気になるでしょうが、そもそもリニューアルしてクロールの状況が悪くなった、ということでは困りますので、サイトマップを作成して、検索エンジンの更新後のURLを送信します。

アクセス解析コードを全ページに設置して、コンバージョンや直帰率を、リニューアル以前のデータと比較することで、リニューアル効果がわかりますが、同時に、クロールの状況もチェックしておくと良いですね。
福岡のビジネスホームページのメインSEOを手がける業者なら、しっかりとやってくれます。

集客と売上を福岡企業のホームページに
福岡商工会議所メンバーの株式会社アルゴリズムが集客売上パッケージを提供
www.algorism.net/

クロールエラーについては、早急に改善する必要がありますが、コンバージョンや直帰率については、ページそのものや動線に問題がないかを見極めることが重要ですね。

そもそも、リニューアルの目的はなんなのかを振り返ってみると、問題の根本を見直すことになると思います。

«
»