seminar

検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない

検索アルゴリズムは数百レベルで存在すると言われています。
その中で、特に重み付けの大きい項目は、せいぜい数十ということが、一般的な解釈です。

この「せいぜい数十」が現在、SEOの実施事項として挙がっているものです。
その中のとりわけ重要な項目が、タイトルでありリンクポピュラリティといった部分であるわけです。


“検索アルゴリズムの全てを解明する時間と労力は必要ない” の詳細は »

SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察する

SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察することにしてみましょう。

SEOに関する書籍やネット上のSEO情報から、かなりたくさんのSEOに関する知識を学ぶことが可能です。
これは否定しませんし、もっともっとSEOについての書籍やネット上での記事が出てもいいと思います。

このような環境の中で、SEOは自分でやれるということなのですが・・・。


“SEOは自分でやれるという論調の信憑性を考察する” の詳細は »

 

ビジネスサイトの評価で一番重要視されるべき指標とは

ビジネスサイトの評価はどういう指標を用いれば良いのでしょうか。

ウェブサイト診断というサービスでよくある診断結果から考えると、被リンク数、インデクス数、検索結果の順位、ページランク、ポータルサイトディレクトリ登録の有無、ドメイン取得日、キーワード出現頻度、メタタグの記述などがあります。

しかし、ビジネスサイトにこれらの評価は本当に必要なのでしょうか。


“ビジネスサイトの評価で一番重要視されるべき指標とは” の詳細は »

時間を必要コストと考えると24時間を最大限有効活用したい

時間管理についての関心は、昔から高いようですね。
特にサラリーマンは、時間管理が命でもあるかのように、がむしゃらに時間管理に励む方もいるようですが、管理のための管理は、逆に非効率であるようです。

SEOエキスパートになるための時間管理術というものは、特にあるわけではありませんが、少なくともソースばかり弄っているだけでは、SEOエキスパートへの道は厳しいでしょう。


“時間を必要コストと考えると24時間を最大限有効活用したい” の詳細は »

 

SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある

サービスをコストと考えるか投資と考えるかで、そのマインドは変わります。

例えば、SEO塾マニュアルは、一度きりの購入で長く利用できます。
もろちん、アルゴリズム変動の情報は、塾生サイトで公開していますから、フォローも万全です。

これをコストと考えると、マニュアルを改訂しろ、という要望が出てくるんですよね。


“SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある” の詳細は »

インターネットビジネス新規参入法人のインターネット広告選定法

インターネット広告を利用したいけれども、どれを使っていいのかわからない、という悩み相談を受けることはありませんか。
確かに、初めてネットビジネスに参入した場合、どれが良いのかわかりません。

実は、ネットビジネスに参入してからも、同じ悩みはあるものです。
ただし、「どれが良いか」ではなく「どれが適切か」という観点からのアプローチになるだけです。


“インターネットビジネス新規参入法人のインターネット広告選定法” の詳細は »

 

リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら

GoogleがSEO目的の有料リンクに目を光らせてから、リンク販売がトーンダウンしてきました。
表向きにはトーンダウンしただけで、リンク販売は秘密裏に行われていることでしょう。

この秘密裏なリンク売買の是非はともかく、それほどリンクの重要性がウェブ担当者には浸透していることがわかりますよね。

今後も、GoogleはSEO目的の有料リンクには、鋭い眼光を投げると思います。


“リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら” の詳細は »

一見さんのクライアントがSEOについて全く知らないとき

クライアントの要求を解釈することは、一度では難しいものです。
なぜなら、クライアントがSEOを知らない場合、何を依頼すれば良いのか具体的な事が言えないからです。

しかし、ウェブサイトの運営には苦しんでいるので、コンサルタントに相談してみた、というところが動機ではあるでしょうから、真摯に話に耳を傾けることは大切なことです。


“一見さんのクライアントがSEOについて全く知らないとき” の詳細は »

 

ブランディングは名声を得るためのステップではない

SEO業界という括りがあるとしたならば、SEO専門家として、ある程度のブランド化を目指すことは、SEO市場で信頼と信用を得るためには必要なことです。

ブランディングの目的は、その有名さ加減でコンバージョンを稼ぐものではなく、クライアントを得ることや新しいビジネスパートナーとのジョイントベンチャー、セミナーでの発表、有能な人材の発掘といった道筋を得るものだと思います。


“ブランディングは名声を得るためのステップではない” の詳細は »