ウェブサイトの表示速度が検索ランキングに影響するのは米国だけか?

都市伝説と思っている時期もあったのですが、ウェブサイトの表示速度がSEOに影響するということを、Googleではほぼアルゴリズムに組み込んでいるようですね。

考えてみれば、ごく自然なことですよね。
インフラが整っている現在では、動画がコンテンツと同居することは当たり前になってきましたから、ユーザーをイライラさせないことは、サービスの向上のひとつですよね。


“ウェブサイトの表示速度が検索ランキングに影響するのは米国だけか?” の詳細は »

インターネットビジネス新規参入法人のインターネット広告選定法

インターネット広告を利用したいけれども、どれを使っていいのかわからない、という悩み相談を受けることはありませんか。
確かに、初めてネットビジネスに参入した場合、どれが良いのかわかりません。

実は、ネットビジネスに参入してからも、同じ悩みはあるものです。
ただし、「どれが良いか」ではなく「どれが適切か」という観点からのアプローチになるだけです。


“インターネットビジネス新規参入法人のインターネット広告選定法” の詳細は »

 

ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない

ウェブサイトは訪問者が来なければ、単なるファイルの集まりです。
訪問者に内容を見てもらうことで、公開された価値がはっきり見えてきますよね。

では、一度来た訪問者を再度訪問させるには、どうしたら良いでしょうか?
つまりお得意さんにしてしまうことが、ウェブサイト運営の基本の柱だと思うのです。


“ウェブサイトと実店舗のお客さんのための運営思想は変わらない” の詳細は »

クリック後の損失感や疲労感が薄いネットユーザー

魅力的なタイトルはコンテンツを引き立たせますが、タイトル負けしている記事も少なからずあると思いませんか?

刺激的な見出しが表紙に掲載していた週刊誌を見て、そそくさと買ったはいいが、ページをめくると大したことはなかった、という経験は誰にでもあると思います。

それほど、タイトルは重要なわけですが、「釣り」を狙った記事がインターネットでは存在します。


“クリック後の損失感や疲労感が薄いネットユーザー” の詳細は »

 

激戦キーワードを制するには有料リンクは必須と言い放つ米国SEO業者

激戦キーワードを制するには、という問いに対して、日本のSEOエキスパートは決して「リンクを買う」という事は言いませんよね。
ところが、アメリカのSEO記事を和訳で無理矢理読むとですよ、「リンク買わなければ無理だ」なんてこと、平気で言ってるんですよね。

しかも、ある程度、有名どころのCEOクラスが言い放っているというところが驚きです。


“激戦キーワードを制するには有料リンクは必須と言い放つ米国SEO業者” の詳細は »

リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら

GoogleがSEO目的の有料リンクに目を光らせてから、リンク販売がトーンダウンしてきました。
表向きにはトーンダウンしただけで、リンク販売は秘密裏に行われていることでしょう。

この秘密裏なリンク売買の是非はともかく、それほどリンクの重要性がウェブ担当者には浸透していることがわかりますよね。

今後も、GoogleはSEO目的の有料リンクには、鋭い眼光を投げると思います。


“リンク購入資金の豊富なウェブサイトが検索上位表示されたら” の詳細は »

 

GoogleガイドラインでSEO保証ビジネスから身を守ろう

SEO業者を探す前に、Googleのガイドラインを熟読することおすすめします。
それはなぜか?

あらゆるSEOコンサルティングやサービスにおいて、GoogleやYahooの公認は一切ありません。
例えば、検索ランキングの1ページ目出現を保証、ということがセールスページに記載されていたならば、間違いなく疑って見ることが出来るようになるからです。


“GoogleガイドラインでSEO保証ビジネスから身を守ろう” の詳細は »

ROIの優れた広告とわかっていてもカンバン広告を出す理由

サービス提供サイドの悪いところは、どうしても「お客さんのため」という言葉を免罪符にして、実はどうでもいいような行動をしてしまうことではないでしょうか。

これをやったら、お客は喜ぶかもしれない・・・という発想は大切なのですが、「きっと喜ぶ」的なマインドだと、サービスの押し売りになってしまう恐れがあるわけです。


“ROIの優れた広告とわかっていてもカンバン広告を出す理由” の詳細は »

 

SEMで質の高いキーワード調査作業の方法を大公開

SEMにおける検索キーワード調査についてまとめておきたいと思います。

キーワード調査がなぜ大切なのかと言いますと、価値のあるキーワードを探索・発掘することで見返りが大きいことが明らかだからです。
キーワード調査は洞察力の勝負と言っても過言ではないでしょう。

キーワードひとつで市場の変化に対応でき、製品やコンテンツ、サービスを提供することが出来るのです。


“SEMで質の高いキーワード調査作業の方法を大公開” の詳細は »

法人クライアントが確認することはSEOマインドの一点のみ

SEOエキスパートとして、常に頭の片隅に置いておくことを、SEOマインドと呼ぶならば、それは何かと自問自答してみると、SEOに対する考え方や姿勢も変わってくるかもしれません。

SEOの解説記事をブログ等で公開しているウェブマスターは多いですが、キーワードの選定などの方法論が中心となっています。
SEOの本質を突き詰めていく記事は、あまり見かけません。


“法人クライアントが確認することはSEOマインドの一点のみ” の詳細は »